ウィルス

ジスロマックは性感染症のクラミジアを治す薬として有名で、完治率が9割を超える高い効果を発揮することから、ほとんどの医療機関で処方されています。
アジスロマイシン水和物を主成分とするマクロライド系抗生物質で、クラミジアを中心に幅広い細菌に対しての殺菌的作用を示す治療薬のため、性感染症の治療以外にも様々な医療現場で利用されています。
クラミジアと言えば、男性器または女性器に感染する性器クラミジアが知られていますが、近年ではオーラルセックスによる感染も知られていて、口腔内に感染する咽頭クラミジアといったものも存在します。

これらの治療に使用されるのがジスロマックで、飲み薬として使用されることから、特定の部位にだけ作用するというわけではなく、体内のどこにあったとしても抗菌作用を発揮します。
ちなみに、ジスロマックは服用してから体内で非常に長く留まり続けることが知られていて、ドライシロップなら1度だけ、錠剤なら1日1回で3日間飲み続けることで1週間は効果が持続します。
一般的な薬剤は血液中に溶け出すことで効果を発揮しますが、ジスロマックは血液中の白血球に浸透して内部に停滞するという特徴を持ちます。
細菌が感染している細胞には白血球が届けられ、人体に害をなす細菌を食べるようになっているのですが、この時に浸透した成分が細菌を攻撃するという仕組みとなっています。

このような生体内の特定の部位に薬を分布させる仕組みをドラッグデリバリーシステムと呼びますが、ジスロマックは白血球を利用して様々な感染部位に薬を届けるようになっているのです。
そのため、クラミジアが感染しているのであれば、どこであれ届けることが可能で、高い抗菌性によって治療ができるようになっているのです。