ジスロマックにもジェネリックがあります

落ち込む男性

ジスロマックはアジスロマイシンを主成分とする抗生物質のひとつで、主に性感染症のクラミジアの治療に用いられています。
剤形は錠剤、小児用顆粒、ドライシロップと複数が存在し、クラミジア以外にも細菌による感染症や抗炎症作用によって扁桃炎など症状を緩和する目的で利用されます。
一般的な抗生物質よりも長く効果が持続するのが特徴で、本来なら1日2~3回の服用で数日間は飲み続けることが必要だったものが、ジスロマックは1日1回のみ、あるいは3日間の服用だけで、1週間は抗菌作用が続きます。
そのため、治療期間中に飲む回数や必要な量が極端に減り、薬代が大きく削減できるようになります。

とはいえ、ジスロマックは抗菌薬の中では薬価が非常に高いことが有名で、たとえ飲む回数が少なくなったとしても出費は大きいのです。
日本でも認可されているので病院で処方されますが、必ず処方箋が必要なため、診察を受けることが必要となり、購入に手間がかかるのがジスロマックです。
実はジスロマックを安く買うなら通販がオススメです。
ジスロマックにはジェネリック医薬品が存在し、日本では認可が下りていないので病院で購入することはできませんが、個人輸入によって海外から取り寄せることが可能です。
同じ有効成分を使用して製造コストを下げたジェネリックなので、価格はもちろん先発医薬品よりも安くなっていて、ジスロマックよりもおよそ6~7割は安い値段で購入することができます。
また、個人輸入では処方箋が必要ないので、わざわざ病院にいって診察してもらう手間も省け、交通費や診察代なども必要なくなるというメリットがあります。
海外からの配送なので、自宅に到着するまでに時間はかかりますが、常備薬として購入することもできるので、抗生物質が必要という人にはお得な購入方法と言えます。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索